Skip to content

算命学とはどのような占い方法?

占いとは人の性格や運勢、成したいことの可否や通常は予測困難な事を判断する方法です。占いを求めるときは先が見えなくて不安な時や心配を抱えているときが多いです。
占いには多くの種類があります。その人の生年月日や名前などから占うもの、顔や手相などから判断するものなどさまざまです。このように占い方は多くありますが、算命学と呼ばれるものもその一つです。
算命学とは中国の陰陽五行思想に基づく占星術のことを言います。占星術とは太陽や月などの天体の位置や動きと人間の関係を経験的に結びつけて占う方法です。
算命学の基本は3×3の9つのマスに生年月日などから計算をした干支を当てはめて行います。具体的な計算方法はとても複雑であるため、占い師も万年暦や早見表などが必須になります。
算命学の中で重要なことの一つが守護神と呼ばれるものです。守護神とは、その人が生まれ持った守り神のことであり、人生のサポートをしてくれる存在と言われています。先ほど計算した9つのマスとこの守護神の位置から占いを行います。
算命学はその人の運気などを占うだけではなく、特定の相手との相性などもわかります。これは先ほど計算した自分のマスと相性を占いたい相手の守護神の位置から判断を行います。
算命学には陰占と陽占という考え方があります。陰占とはその人が生まれ持ってきた素材や環境、本能などのことをさします。陽占とはその人の思考や、行動パターンなど本人が自覚できる今までの人生で積み重ねてきたものです。算命学はこの考え方を重視しており、私たち人間は自然界からある要素を与えられて生まれ、その人生を自らが積み重ねて生きているということです。

電話占いマヒナの口コミ!当たると人気の占い師は?はこちら
Published in占い

Comments are closed.